理科
中学生

理科のイオンについて質問です!
電解質の水溶液に金属板を入れて実験するのですが金属板を同じ金属にしてはいけないと習いました。
なぜ違う金属同士をいれないと実験ができないのですか?

回答

この回答がベストアンサーに選ばれました。

イオン化傾向を利用してるからじゃ無いですか?

Nana🐶

イオン化傾向とは何でしょう...
たびたびすみません。。。

くま

イオンになりやすい度って感じですかね。
例えば、銅板と亜鉛板を使って電池を作るなら、亜鉛板の方がイオン化傾向が強い(イオンになりやすい)ので、亜鉛が電解質の水溶液に溶け出し、その際に放出された電子が移動して電流が生じるという現象が起きます。
因みに、その電子は導線を通り銅板に移動するので、電子の動く向きは
亜鉛→銅
となりますが、電流の向きは逆なので、電流は、
銅→亜鉛
の向きで流れます。
したがって、銅板と亜鉛板を使うと、銅板が+極になります。

言い換えれば、イオン化傾向が強い金属が-極、イオン化傾向が弱い金属が+極になります。

仮に同じ金属を使おうとすると、金属板同士で
「俺がイオンになるんだ!」
「私も同じくらいなりたいわよ!」
という争いが起き、いつになってもイオンにならず、よって、電子も放出されないので電流も発生しません。

長文失礼致しました。

この回答にコメントする