回答

まず、仕組みをわかるところからです。銅板と亜鉛板のときの例で説明すると、
①まず、亜鉛板付近でZn→ Zn2+ + 2e-(e-は電子)という反応がおこります。亜鉛板ではZnが水溶液中でZn2+イオンになって溶け出すため、亜鉛板の質量は減少して、同時に電子を2個放出します。なんで、銅板じゃなくて亜鉛板がイオンになるのかという話は、高校のイオン化傾向というので習います。亜鉛板の方がより銅板より電子を放出して陽イオンになりたいやつなんだと思ってください。
②そうなると、電気的にアンバランスとなります。だから、アンバランスを解消しようと、この電子が銅板に流れて希硫酸中のH+と結び付いて、2H+ + 2e-→H2という反応が起こります。このため、水素が発生します。(本来は、この発生した水素が銅板の周りに集まって覆うため、硫酸(塩酸)と触れる面積が減るため、すぐに電圧(起電力)は下がります。これを分極といいます。)

(1)
①H2
②ウ
③エ
(2)異なる種類の金属板を電解質水溶液に浸けていること。

この回答にコメントする