回答

①浮力の大きさは、重力の大きさ[N]-水中に入れた時のばねばかりの値[N]だからあてはめると
 重力の大きさは、地上での物の質量に等しいから1Nを100gとしたとき60gは0.6N(60÷100)。
 水中に入れた時のばねばかりの値は0.4N(問題文にかいてある)。
 ↳だから、0.6[N]-0.4[N]=0.2[N] 浮力は9.2[N]となる
②物体が完全に水中にある場合、浮力の大きさは深さと関係がないのでこたえは、「かわらない」になる。
③深いところの方が水圧が大きく水深が浅くなるにつれて、水圧が小さくなります。水中に物があった場合、その底面に加わる水圧の方
 が、上の面に加わる水圧よりも大きくなるため浮力が生まれます。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?