化学
高校生
解決済み

(エ)がわかりません。
HClを加えたらAg^+とCl^-が反応してAgClになり、H^+とCl^-が反応してHClになるんじゃないんですか?でもこれだとCl^-が全部使われてしまってもうよくわかりません😭

□309 溶解平衡 次の文章を読み,( )に適する語句や数値を入れよ。 塩化銀の飽和溶液では, AgCl (固) Ag++CIの溶解平衡が成り立っている。 このとき, Ksp=[Ag+] [CI-] は他のイオンの存在には無関係で、温度が変わらなけれ ば一定である。 このKsp を塩化銀の(ア)という。 Ksp=4.0×10-10 (mol/L)のとき, 1.0Lの水に塩化銀は(イ)molまで溶ける。 塩化銀の飽和溶液に塩化水素を通じると,(ウ)の固体が析出する。これは,塩 化水素を通じたことによって溶液中の(エ)の濃度が増加したため, (オ)の原 理に従って,(エ)の濃度が減少する方向に平衡が移動したからである。このよう に、水溶液中に含まれるイオンと同じイオンを生じる物質を加えたときもとの物質 の電離度や溶解度が減少する現象を(カ)という。 ル 199
309 溶解平衡とCH 解答 ア・・・ 溶解度積・・・ 2.0×10-5 ウ・・・塩化銀 エ・・・塩化物イオン オ・・・ルシャトリエ (平衡移動) カ・・・共通イオン効果 AgCl(固)Ag+ + CI-で表される溶解平衡の平衡定 数をKとすると, [Ag+] [Cl-] K= [AgCl (固)] このとき,[AgCI (固)] は固体のモル濃度を表し 定とみなすことができる。 したがって, [AgCI (固) ] を Kに含めると,次のようになる。 K [AgCl (固)] = [Ag+] [Cl-]=Ksp NAL このKsp を溶解度積という。 溶解度積は他のイオンの 存在とは無関係で,温度が変わらなければ一定である。 飽和溶液では, [Ag+][Cl-]=Ksp なので, *BM+000 HO (ii) [Ag+] [Cl-]=4.0×10-10 (mol/L)HO (d) HOOK&HO [Ag+]=[Cl-], [Ag+]>0, [Cl-] >0より, [Ag+] = [Cl-]=2.0×105mol/L3基 よって, AgCIは水1.0Lに2.0×10 - molまで溶ける 塩化銀AgCI は水にわずかに溶けて飽和溶液となって いる。ここに塩化水素HCI を通じると,溶液中の塩化物 イオンCIの濃度が増加するので,ルシャトリエの原理 に従い, CIの濃度が減少する方向に平衡が移動する。 その結果, AgCl の電離度や溶解度が小さくなる。 これ を共通イオン効果という。 mol/Lであり、pH=30 (4) HO 。 H+-003

回答

✨ ベストアンサー ✨

HClを加えたらAg^+とCl^-が反応してAgClになり、
H^+とCl^-が反応してHClになるんじゃないんですか?
>Ag+とCI-が余っていたらそうなるが、塩化銀の飽和溶液と書いてるよ。だから、Ag^+とCl^-が反応してAgClになれないよね。Ag+とCl-がほぼ無いんだから。

ここに、塩化水素を入れると塩酸HCIになり、溶液にH+とCI-が増える。すると、Cl-が増えるから、ルシャトリエの原理でCl-が減る方向に平衡移動する🙇

すごく納得できてスッキリしました!
本当にありがとうございます‼️🙇‍♀️

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?