数学
高校生
解決済み

2次不等式を解く問題なのですが、解説で疑問に思うところがあります。
(3)は両辺に√2をかけるのでそれぞれ×√2されて①の式になりますよね。
(4)は両辺に√3、つまりそれぞれ×√3されて②の式になるはずですが、なぜ6√5はそのままなのですか。6√15になると思ったのですが……

どなたかお願いいたします。

(3)√2-2x+2-√2 =0 両辺にを掛けると, 2x²-2√2x+2√2-2=0 ※2重根号 足して 6.掛けて 8 → 4と2 -V2x+√2-1=0 解の公式より、 √2+√2-4 (√2/1) __ √2±√6-4√2 x= 2 √2+√6-2/8 2 V2 ± (VA-√2) 2 2 V2(2√2/2/22+2V21, -1+√2 ∴. x=1, -1+√2 (4) √2/√/3x+9/3 +6√5 = 0 両辺に3を掛けると, ② 32-6x+27+6√5 = 0 x²-2x+9 +2√5=0 ※2重根号 足して8, 掛けて 15 → 5と3

回答

✨ ベストアンサー ✨

誤植ですね(5→15が正しい)
画像が切れて見えませんが、2重根号を外す説明に
「足して8、掛けて15→5と3」の説明がありますので、
その後の記載は正しく直っているように思われます。

チナミ

ありがとうございます。なるほど、その後に修正されているので、答えとしては間違えてないということですね。
そこだけ自分で直して解くようにします!

この回答にコメントする

回答

> (4)は両辺に√3、つまりそれぞれ×√3されて
②の式になるはずですが、
なぜ6√5はそのままなのですか。
6√15になると思ったのですが……

あなたの言うとおりで、√3を掛けたなら6√15になります
問題がおかしいか、答がおかしいです

チナミ

やはりそうなんですね、解答の方が間違えてると分かり安心しました。今度先生に伝えてみます。
ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?