回答

✨ ベストアンサー ✨

(1) B(0,5)
(2) y=-2x+5
以上ができているとして
―――――――――――――――――
(3)
●(2)の直線が,線分AOの垂直二等分線である事と
●ひし形の性質【対角線が互いに他を垂直に二等分する】から

点C,Dが,(2)のy=-2x+5上にあることがわかり
Cが,y=(1/8)x² と y=-2x+5 の交点として求められます

よって,x座標をtとすると,(1/8)t²=-2t+5 となり
式を整理して,t²+16t-40=0 を解き
t=-8±2√26 となります 

こころ

(1)で座標が(0,5)になるのはどうやってるんですか?

こころ

度々質問してしまいすみません!!💦

みと

(1) AB=OBを利用します

A(4,2),O(0,0)で
 y軸上にあるのでB(0,k)とおくと

●三平方の定理を利用して

 AB²=(4-0)²+(k-2)²=k²-4k+20

●ともにy軸の上にあるので

 OB²=(k-0)²=k²

●AB=OB から、AB²=OB²なので

 k²-4k+20=k² を解いて、k=5 で

【B(0,5)】

こころ

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉