回答

✨ ベストアンサー ✨

原点について対象ということは、xとyをそれぞれ符号を入れ替えても成り立つということです。式で表すと、

-y=g(-x)
となります。原点について対象のときは、xが-xのとき、解が-yとなるといった感じです。
y=g(x)なので、これを上の式と連立すると、
g(-x)=-g(x)
となります。
ちなみに、このような、-xを代入すると、xを代入した時の値に-を付けた値になるような関数を奇関数といいます。

*キナコ*

ありがとうございますっ!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?