PromotionBanner

回答

普通

 ( A )( B )=0 の式は

  ( A )=0 か、( B )=0 かで解く問題です

そして

  =0 になる場合は 答えが出ます。

  ≠0 になる場合は 答えが出ません。

ですので、

 「2つの()の中の式がそれぞれ0になる場合が有り得るかどうか

  どんな問題でも1回1回調べないといけないんですか?」

 これは、答えを求めている作業ならば当然する作業です

 ★ここでは、

  2cosx+3=0 からは、答えが出ないけど

  2cos-1=0 からは、答えが・・・・と出ます

 と、考え抜けはしていません

  きちんと考えていますと「表明している」という事です。

 ★このようにしないと解答と認められない場合が多いです

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?