回答

✨ ベストアンサー ✨

(1)「共有点を持つとき」で、判別式D≧0【D/4≧0】を用いたと思いますが

(2)「接するとき」は「共有点が1つ、つまり重解」で、

  D=0【D/4=0】を解くと、mの値が求まり、

  それを用いて接点のx座標、さらにy座標が求まります

―――――――――――――――――――――――――――――――――
別解として

 x²+y²=5 中心が、原点(0,0)、半径√5 なので

 y=2x+m → 2x-y+m=0 と、原点(0,0)の距離=0を用いる方法もあります

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
別解の例です。

 点(x₁,y₁)と直線[ax+by+c=0]の距離dの公式 d=|ax₁+by₁+c|/√{a²+b²}

 2x-y+m=0 と、原点(0,0)の距離が√5 なので

  |2(0)-(0)+m|/√{(2)²+(-1)²}=√5 から

              |m|/√5=√5 で、m=±5

R

ありがとうございます!本当に助かりました🙇‍♀️

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?