生物
高校生

なぜ1番が答えになるのか教えて頂きたいです💦

ヒトのからだを構成する細胞にとって重要なエネルギー源 3 であるグルコースは, 血液によってすべての細胞に常に供給 されている。グルコースの供給が滞ると,生命の維持に重大 な問題が生じる。そのため,安定した細胞活動を維持するた め、ヒトのからだには血糖濃度 (血液中のグルコース濃度) を一定に保つ血糖濃度調節のしくみが備わっている。 糖尿病は,この血糖濃度調節がうまくいかなくなり,尿中 にグルコースが排出される病気である。空腹時に一定量のグ ルコース液を飲み, 前後での血糖濃度や血液中のインスリン a 濃度などを調べる糖負荷試験という検査がある。図1は, 3 人の被験者(X, Y, Z) に対して行った糖負荷試験の結果を 負荷前 1時間後2時間後 示したものである。なお, 3人の被験者のうち、Xは健康な 被験者 ロX ■Y ■Z ヒト, YおよびZは糖尿病患者である。 図1 血糖濃度の調節は, グルコースなどの炭水化物の摂取量が 過剰な場合にだけ起きるわけではない。エネルギー源である 炭水化物が不足した状態で運動を続けると, 不足するグルコ ースを確保するために, 副腎皮質から分泌されるホルモンで ある( ア )のはたらきにより, 組織中の( イ )からグ ルコースが合成されるようになる。図2は, 十分量の炭水化 物摂取状態における運動時 (十分·運動時)または炭水化物 欠乏状態における運動時 (欠乏·運動時),そして安静時の汗 ウ |オ エ の中に含まれる尿素濃度の測定結果をまとめたものである。 図2 血糖濃度 065 4 3 2 1 0 インスリン濃度(相対値) 汗中の尿素濃度 (相対値)
問7 図2のウーオにあてはまる測定時の状態の組合せとして最も適切なものを,次の①~6 の中から1つ選びなさい。 33 血 ウ オ エ 0 安静時 十分·運動時 欠乏·運動時 ② 安静時 欠乏·運動時 十分·運動時 3 十分 運動時 安静時 欠乏·運動時 0 十分,運動時 欠乏·運動時 安静時 ⑤ 欠乏·運動時 安静時 十分·運動時 ン 6 欠乏·運動時 十分·運動時 安静時

回答

✨ ベストアンサー ✨

とりあえず、図2は、尿素の濃度についてを3つの状況別にグラフにしたものである。
尿素とは何でしたか?
尿素はたんぱく質が分解されたときにできるものですよね?
ということは、尿素の濃度が1番高い=たんぱく質が1番分解されている、ということ。

どういう時にたんぱく質が分解されますか?
これは、問題で誘導されています。グルコース欠乏時に運動すると、不足したグルコースを補うために、たんぱく質からグルコースが合成される、と書いてます。
すなわち、グルコース欠乏時に運動すると、たんぱく質が分解される、ということ。

で、3つの状況とは、
 [1]グルコースの摂取量が十分で、運動したという状況
 [2]グルコースの摂取量が不足している状況で、運動したという状況
 [3]安静時、すなわち、運動していない、という状況

グルコース欠乏時に運動するとたんぱく質が分解される、から、[2]の状況では、1番たんぱく質が分解されることがわかります。たんぱく質が分解されると、尿素が作られるから、尿素の濃度が高くなります
以上より、[2]の状況では1番尿素の濃度が高くなるから、オだとわかる。
後は、[1][2]、どちらがウ、なのか。
運動していないより運動する方がたんぱく質は分解されるから、
答えは[1]がエになる。

分からなければ質問してください

ありがとうございます!助かりました💦

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?