PromotionBanner

回答

(2)は(x²+2x)をAとすると、2A²+A-21になり、解けるようになるのでは無いでしょうか。

(3)を解くと、x=3±2‪√‬3が出てきます。この解<0つまり負の解の整数の個数を出せばいいと思います。

(4)はまず500の中に4の倍数が何個あるか知りたいので、500÷4=125となり125個4の倍数があります。
4の倍数であるが3の倍数でない。まず、4と3の最小公倍数の12で500を割って4の倍数かつ3の倍数の状態なのでここから3の倍数の個数つまり500÷3の数を引けばでてくるのではないでしょうか。

※自信はないです。すいません

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選