回答

✨ ベストアンサー ✨

粟田殿は「花山天皇が仏道修行で出家なさるなら、同じように、どこまでもお供いたします」とかたくお約束をかわされました。その夜も帝のお供をしていらっしゃったけれども、自分は出家をなさらなかった。それどころか、帝の御出家があったのち、5か月も経たないうちに、正三位中納言までに出世なさった。「謀反の心がおありで、帝をおだましなさったのだ」と世の人たちは申していた。
長徳元年に関白におなりになったけれど、まもなくお亡くなりになった。世間では七日関白と彼をお呼びした。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選