回答

✨ ベストアンサー ✨

まず覚えておかなければいけないのが,「検定交雑の結果=その親の配偶子の分離比」となります。
例えば,BbLlを検定交雑した結果が,[紫・長]:[紫・円]:[赤・長]:[赤・丸]=1:1:1:1 の場合,
BbLl から生じる配偶子は,BL:Bl:bL:bl=1:1:1:1 になると考えます。

いま,F1の検定交雑の結果が,[紫・長]:[紫・円]:[赤・長]:[赤・丸]=137:843:837:143 なので,
F1から生じる配偶子は, BL:Bl:bL:bl=137:843:837:143。
簡単な整数比ということなので,ややこしい数字を勝手に変えて,BL:Bl:bL:bl=140:840:840:140 で考えるといいと思います。

あいり

なるほど…(。・д´・。)
丁寧な解説ありがとうございました!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選