回答

✨ ベストアンサー ✨

③の操作から、AP=PQが成り立ちます。
さらに、APとAQはどちらもAを中心とする円の半径なので、AP=AQです。
ということは、AQ=AP=PQになります。
つまり△APQは正三角形です。
正三角形の一つの内角は60°なので、∠PAQ=60°です。
よって∠PACも60°です。

ポイントは正三角形ができることだと思います!

︎︎ ︎︎

ありがとうございました!

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選