回答

(1)弟が兄に追いつくまでをXとします。
弟が5分後に出発したことを考えると、兄が歩いた距離は60×(X+5)mになります。
弟は後ろから追いかけているだけなのでシンプルに、走った距離は90×Xメートルです。

これをきちんとした方程式に直すと、

90X=60(X+5)になります。

(2)先程の方程式を解くと、

90X=60(X+5)
90X=60X+300
90X-60X=300
30X=300
X=10

Xが10ということはわかりましたが、まだ答えは出ていません。

距離を出さなければいけないので出しましょう。

わかりやすい弟で考えると、
(2人とも同じ場所にいるいるので距離は同じなので兄で考えても大丈夫です)

分速90mで10分走ったので距離は900mですね、
家から図書館までが1000mなので、オーバーしていないことがちゃんと分かります。

2番の答えは900mです。

※こんな事を言ったら元も子もないですが、間違えていたらごめんなさい🙏

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選