回答

正しい解のx=6, y=-1はax+by=9を満たすから、代入して
6a-b=9
間違った解のx=-3, y=-4もax+by=9を満たすので、代入して
-3a-4b=9
この2つを連立方程式で解く
6a-b=9
-6a-8b=18
-9b=27→b=-3, a=1
またx=6, y=-1は最初の連立方程式の解なので2番目の式に代入して
6c-3=-21→c=4
ちなみにx=-3, y=-4を代入すると間違った場合のcも求められます
-3c-12=-21→c=3

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選