PromotionBanner

回答

初期微動のゆれ始めの時刻と震源からの距離に注目
地点Aと地点Bとは39km離れていて、ゆれ始めの時刻のズレは6秒
よって、震源の初期微動のゆれ始め時刻は地点Aの6秒前。よって13時3分56秒

主要動でも同じように求めて同じ時刻になる

この回答にコメントする

これでは、無理です。

 グラフで、X,Y,Z

 表で、A,B,C,D 

関連性を示されないデータが示されています

みう

すみません!書き忘れてました…!
問題文は
「M4.4の地震が起き、A~Dの4地点で観測を行った。図のX~Zは観測地点A~Dのうちの3つの地点の地震計の記録である。」です。

みと

(1)

●A~Dの初期微動継続時間を考えると

A: 39km:13時4分 9秒-13時4分 2秒= 7秒

B: 78km:13時4分22秒-13時4分 8秒=14秒

C:117km:13時4分35秒-13時4分14秒=21秒

D:156km:13時4分48秒-13時4分20秒=28秒

●X~Y初期微動継続時間を揺れの様子から考えると

X:約7秒

Y:約27秒

Z:約15秒

●両方の組み合わせを考えると

AがX、DがY、BがZ

(2)

●初期微動の始まりから考えると

A~Bが、道のり78-39=39kmあり、時間が13秒で、

 速さは、39km÷13秒=3km/秒

震源~Aが、道のり39kmで、速さが3km/秒なので、

 時間は、39km÷3km/秒=13秒

震源で地震発生から13秒後にAに来たので、

 発生時刻は13秒前で、13時4分 9秒-13秒=12時 3分56秒

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選