回答

✨ ベストアンサー ✨

分子式は分子が一つだけで存在するものに、組成式は結晶等莫大な数でまとまっているものに使います。
例えばNH3分子はそれ単体存在しているので分子式ですが、NaClは結晶構造を取るので組成式と考えられます。
また有機化学では、分子式は全分子の数を表したもの、組成式は分子の数の比を表したものとして使います。どちらも同じ意味ですが。

物質によって単体で存在しているか、そうでないかは暗記ですか?

ぜろ

イオン結合は陽イオンと陰イオンがずっと続いており、金属結合は自由電子が動き回るのでこれも長く続いており、組成式になることは感覚的にわかると思います。共有結合は基本的に分子ですが、SiO2など結晶として存在するものもあるので、例外は覚えてしまったほうがいいです。

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選