理科
中学生

画像の問題の(1)と(2)の求め方を教えてください(>_<;)
途中計算など書いていただけると助かります🙇‍♂️

溶解度 4 水溶液の性質に関する実験を行った。右の図は物質Aと物質Bの溶解度曲線である。あとの間 すいようえき ようかい ど いに答えなさい。 【実験1】 の 60°℃の水 200gを入れたビーカーに物質 [富山県](8点×5) 250 よく出る! 100 g 200 *物質 A: Aを300g加えてよくかき混ぜたところ,とけきれず に残った。 100 の ビーカーの水溶液を加熱し, 温度を80℃まで上げ 物質B 50 たところ,すべてとけた。 0 20 40 60 80 100 水の温度(C] の さらに水溶液夜を加熱し, 沸騰させ, 水をいくらか蒸発させた。 水溶液の温度を 30℃まで下げ, 出てきた固体をろ過でとり出した。 【実験2】 の 新たに用意したビーカーに60°℃の水 200gを入れ, 物質Bをとけるだけ加え ほう わ すいようえき て飽和水溶液をつくった。 の のの水溶液の温度を 20°℃まで下げると, 物質Bの固体が少し出てきた。 (1) ので温度を80℃まで上げた水溶液にはあと何gの物質Aをとかすことができるか。 図を参考 に求めよ。 (2) @において, ろ過でとり出した固体は 228gだった。②で蒸発させた水は何gか。 ただし, 30℃における物質Aの溶解度は 48gである。 3) のように, 一度とかした物質を再び固体としてとり出すことを何というか。 ス 幸と 800の水にとける 物質の質量6

回答

✨ ベストアンサー ✨

(1)100gの水には80℃で物質Aは170gとけるので、200gの水には340gとけます。いま300gすでにとかしているので、あと40gとかすことができます。
(2)すでに300gとけていた物質が30℃に温度を下げたことにより228g取り出せたということは、蒸発した水の量xgに72g(=300-228)とけていることになる。一方で、30℃での物質Aの溶解度は48g(=100gの水に48gとける)なので、
100:48=x:72
x=150
つまり、150gの水なら30℃で物質Aを72gとかすことができる。元は200gの水だったので、50g蒸発させたことになる。

🐜🦦

ありがとうございます!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選