PromotionBanner

回答

この建物は、「東大寺南大門」と言います。
おそらく鎌倉文化のページで、教科書にも載ってますよ

この建物は有名な奈良の大仏がある東大寺の本堂より手前側に建てられています。
現在も、鎌倉時代に建てられたのものが残されていますね。

で、誤っている箇所ですが、この建物の建築様式は大仏様(だいぶつよう)で重源というお坊さんが中国から帰ったときに伝えたものです。禅宗と共に伝わった建築様式=禅宗様ではありません。

また、鎌倉時代から現在まで残っているほどの建物なので、簡素な作りではなく、耐久度を上げるために複雑な作りをしています。

ですが、判断が難しいので、消去法で解くのが簡単だと思います。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選