回答

✨ ベストアンサー ✨

【7】
2桁の整数を10n+mと表し、
その数の10の位のと1の位を入れ替えた数を10m+n
とする。
これらを引いた数は
(10n+m)-(10m+n)=10n + m - 10m - n
           =10n - n + m - 10m
           =9n - 9m
           =9(n - m)
(n - m)は整数なので、
2桁の正の整数から、その数の10の位と1の位を
入れ替えて引いた数は9の倍数になることがわかる。

誤字があったらごめんなさい!
説明はなんとなく得意なので、これで大丈夫だと
思います!
【7】だけですみません、
勉強、頑張りましょうね ♪

遼架

【8】
奇数をn+1 、偶数をnと表す。
奇数から偶数を引いた数は
(n+1)- n = n + 1 - n
      =1
1は奇数なので、
このことから奇数から偶数を引いた数は奇数になることがわかる。

【8】もすぐにできたので載せておきますね。
間違っていたらごめんなさい!

遼架

【11】
写真で載せます。
見づらいかもです!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選