PromotionBanner

回答

OからBまで2でOからCまでが8なので
BからCは8-2=6
三角形BCPの面積は
6x3÷2=9
この9が下の四角形OAPBの面積と一緒で
式は(2+X)x3÷2=9
X=4
なのでは(4.3)
あとは連立方程式で
3a+b=4
b=2
3a+2=4
a=2/3

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選