英語
高校生

解説お願いします

Point 129 p07 (a) He said to me, “You will be sorry for it." ロロ (b) He( ) be sorry for i ) me that ( ud A 1on O ud 1 1on ララ En0 {a) He sid to me “Don't call me after ten.
英語 英文法 話法 時制の一致 話法の転換 平叙文 穴埋め

回答

(b) He tolled me that I would be sorry for it.

-say to を1単語で書き換える時は tell を使う。
-続く文の主語は元の分に合わせる。
(a)の文の 彼 にとっての あなた は 私 であるから that に続く文の主語は I になる。
-wouldは時制の一致で過去形になる。

分からない、もしくは答えが間違っていたら教えてください!

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選