回答

✨ ベストアンサー ✨

3桁の整数、そして10の位と1の位の数が一緒なので、
百の位→x 十、一の位→y を用いて元の整数を表すと、

100x+10y+y、整理すると100x+11yとなります。

次に、各位の和が15とあるので、
x+y+y=15 つまりx+2y=15…①
が成り立ち、

百の位と一の位の数を入れ替えると元の整数より29小さくなるため、

100y+10y+x+297=100x+11y、つまり

110y+x=100x+11y-297

-99x+99y=-297…②となります

ここで、式が揃ったので①と②を連立方程式を組んで解いていきます。

①の式を99倍して、②の式のxの係数に合わせるのが良いかと思います。

今、何か紙に書いて写真を撮ることが出来ないので申し訳ないのですが、連立方程式は自分で解いてみてください。

すると、上手く式が解ければ、x=7、y=4になると思います。元の整数は

100x+10y+yですから、これに当てはめると、

100×7+10×4+4より、

答えは744になります!

分かりにくい所や質問がありましたら、遠慮なくお願いします!!

ししまる

7行目、29ではなく、297です!失礼しました😅

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選