PromotionBanner

回答

地点 X→Y で変化するものは
P波 6秒後
S波 13秒後

ということは、地点XよりP波が6秒前ならS波は13秒前ということになる
計算すると
P波 12時35分24秒
S波 12時35分24秒
となり、ここが震源地で地震発生時刻
ここから、P波が24秒後ではS波は13×4=52秒後となり、初期微動継続時間は52−24=28秒

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選