回答

✨ ベストアンサー ✨

データの個数(奇数偶数)によって式が変わるので、1つずつ中央値と四分位数を考えた方が確実だと思います。
(1)97は奇数なので、49番目のデータがそのまま中央値になり、両側に48個ずつデータが分かれます。
48個のデータの中央値を考えると、偶数なので24番目と25番目の間できれいに分かれます。よってアは24個。
(2)は49番目のデータ(1個)と両側24個ずつを足せば良いので、解答のような式になるのだと思います。

s

分かりやすく解説ありがとうございます!
今度からその方法でやってみます🔥🔥

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選