生物
高校生

生物基礎に関する質問です。

植物の光合成と呼吸についてです。植物は光エネルギーでATPを一旦合成し、それを分解して得たエネルギーで有機物を合成し、呼吸でその有機物からエネルギーを取り出し、それによってATPを一旦合成して、それを分解して得たエネルギーで生命活動を営むと教科書に書いてあるのですが、わたしには無駄が多いように思えて仕方がありません。
なぜ光エネルギーによって合成したATPを体の各部分にそのまま送って、それを各部分でそれぞれ分解して使うことができないのでしょうか。植物の体ですから、理にかなった説明があるはずだと思い、質問させて頂きました。よろしくお願い致します。

植物細胞 (光合成 呼 吸 ATP 有機物 有機物 ATP 生命活動 への利用 エネルギー エネルギー CO2, HO ADP +リン酸 ADP+リン酸 四 CO2 葉緑体 ミトコンドリア 動物細的 |光エネルギー

回答

✨ ベストアンサー ✨

簡単に言えば合成されるATPの量が違うからです。

光合成はあくまでも有機物の合成が目的で、
ATPを合成するのは反応の過程で必要だからです。
対して呼吸はATPを合成することが目的で、
光合成で合成されるATP量よりも多くのATPを合成できます。

呼吸でより多くのATPを得るために、
必要な有機物を合成しているのが光合成である、というイメージです。

Sugigigi

なるほど!ありがとうございます

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選