理科
中学生

中学一年生のアンモニアの噴水実験についてです。
物質が水に溶けても体積は変わらないはずなのに、どうしてアンモニアが水に溶けるとフラスコ内が真空状態になるんですか?
アンモニアが酸素よりも水に溶けやすいってことですかね?教えてください🙏

回答

✨ ベストアンサー ✨

私はそこを気にしたことが無かったので下記は推測になります。

まず、ここでの「真空」は大気圧よりも気圧が低いことを指しています。
次に、水溶液の体積と溶質+溶媒が等しいと教えるのは個体を溶かしたときの体積減少がとても小さいからだと思います。気体を溶かしたときは体積が減り普通に気圧が下がると思います。

疑問があれば聞いてください

yoshi

他の分かりやすい説明のために体積が変わらないって書いてあるんですかね...
普通に体積は減ると捉えて大丈夫そうですかね?

リンドウ

結論から言うと、体積は減ると捉えて大丈夫だと思います。おっしゃるとおり、体積が変わらないのは説明やテストの計算をやりやすくするためですね。
個体を溶かすとき(中学校だとNaClかな?)は、水に散らばったとき分子の距離が近づいて体積が小さくなります。が、そもそも個体は分子間の距離が短いので水溶液の体積もそんなに変化しません。中学校でそこまで厳密な計算はできないので、体積は同じと教えるのだと思います。
(長くなってごめんね)

yoshi

ありがとうございました!!!
はっきりしました😚

まだ中学生なので、それなりに覚えておきます笑

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選