PromotionBanner

回答

ヒトは身体の特徴を決める染色体を23組持っていて、
子供は両親から染色体をひとつずつ受け継ぎ、他は自分だけの新しい染色体が作られます。
両親からの染色体の組み合わせは1,670万通りにもなるので、すべての特徴が一致することはないそうです。

ききき

ほかに考えられるもの
↓↓↓

遺伝には、顕性(けんせい)遺伝、潜性(せんせい)遺伝というものがあります。

遺伝子はふたつで一組です。組になったとき、特徴として表面に現れるのが顕性、現れないのが潜性です。

例えば、二重(ふたえ)に関する遺伝子は顕性、一重(ひとえ)の遺伝子は潜性です。
父親から二重の遺伝子、母親から一重の遺伝子を受け継いだ場合、二重の遺伝子が顕性のため、子どもは二重になります。

両親ともに二重の場合でも、一重の子どもが産まれる場合があります。
一重の遺伝子は潜性なので、表に出ていなくとも遺伝子として持っている可能性があります。両親から一重の遺伝子を受け継ぐと、両親は二重なのに一重の子どもが産まれます。

つまり、親が持っている特徴を必ずしも子どもが受け継ぐとは限らないのです。

潜性遺伝は、遺伝子としては受け継がれているので、孫などさらに下の世代で表に現れることがあります。これを隔世(かくせい)遺伝といいます。

( https://u-gene.jp/column/face-features/ より)

・:*:・수연・:*:・

ご丁寧にありがとうございます。参考にさせていただきます😊

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選