理科
中学生

中2理科 化学
4と5教えてください🙇‍♀️

4 酸化銅と炭素の粉末の混合物を加熱する次の実験を行った。これにつ いて、あとの間いに答えよ。 [実験] 図1 酸化銅と炭素の粉末の混合物 試験管A』』 酸化銅と十分に乾燥した 炭素の粉末の混合物を試験 管Aの中に入れ、図1のよう な装置で十分に加熱したと ころ、試験管A内に赤褐色の 物質ができた。また、気体が I 試験管B 発生し、試験管B内の石灰水 石灰水 が白くにごった。気体が発生 しなくなってから、加熱をや め、試験管が冷えたあと、試 験管A内にある固体の物質 の質量を測定した。 I Iと同様の実験を、酸化銅 図2 加4.2 熱 後4.0 園の 試3.8 の質量を4.0gとし、炭索素の 質量を 0.1g、0.2g、0.8g、 0.4g、0.5g、0.6gと変えて それぞれ行った。図2のグラ フは、実験のIIで用いた炭素 の質量と加熱後に試験管A 内にあった固体の物質の質 量の関係を表したものであ F 3.6 内3.4 3.2 3.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 用いた炭素の質量 [g] る。 (4) 炭素 0.15 gを用いて実験のIを行ったとすると、 赤褐色の物質は 何gできるか。 (5) 実験のIの結果から考えて、赤褐色の物質を 16.0gつくるために は、酸化銅と炭素はそれぞれ少なくとも何g必要か。 固体の物質の質量同
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選