国語
中学生

中2 国語
遠くに白い家がある。
この文の連用修飾語が『遠くに』ではなく『ある』なのは何故ですか。
『遠くに』は い行で終わっているから形容詞。
『ある』 は う行で終わっているから動詞。
どちらも活用があるのでどちらも連用修飾語なのかと思ったのですが、
何故『遠くに』が連用修飾語なのですか。

回答

✨ ベストアンサー ✨

連用修飾語とは、用言を修飾するものです。
「遠くに→ある」という風に、「遠くに」は「ある」という用言を修飾します。
この文では、「ある」は述語になっていて、「ある→」と修飾している語がないので、連用修飾語ではありません。

クロ

ちなみに「遠く」も「ある」も、どちらも用言ではあります。

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選