回答

AがBに渡した金額をxとします。

そうするとAの所持金→1000-x、Bの所持金→650+1/2x。ですが、CはAに1/2xの半分をあげているので、Aの所持金→1000-x+1/4x=1000-3/4xとなります。

そして最終的に3人の所持金は同じになったので、A=Bで1000-3/4x=650+1/2x。これを解くとx=280で、AはBに280円渡していたことになります。

次に、Cの最初の所持金をyとします。
CはBから1/4x貰っていたので、xに280を代入すると70になり、70円貰っていたということになります。
よってCの所持金→y+70です。

Aの所持金は、x=280より1000-3/4xに代入して、790円ということになります。
これは最終的な所持金を表しているので、Cの最終的な所持金はy+70=790になります。
これを解くと、y=720になり、Cの最初の所持金は720円と言えます。

分からない所あれば遠慮なく言って下さい。

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選