この回答がベストアンサーに選ばれました。

二次関数の変化の割合は
変化の割合=x2乗の係数(増加量)で求められます
そして、一次関数の変化の割合は一定で、aと等しいので今回の場合は

6=1(a+a+2)
6=2a+2
3=a+1
a=2 となります

ほの

なるほど💡ありがとうございます。理解できました😌

Post A Comment

回答

ちなみにa=2になったのであっているかどうか今確かめてみます。1(2+(2+2)=? 左を計算するときちんと6になります。字が汚くてすみません。自分も中学生で受験生なのでお互い頑張りましょう。a(p+q)の公式は便利なので活用してください。

a(p+q)
ほの

丁寧な解説ありがとうございます☺️公式しっかりと覚えておきます!受験生同士頑張りましょうね…!✊🏻

Post A Comment
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】