この回答がベストアンサーに選ばれました。

xを3cm伸ばした長さとyを3cm短くした長さが正方形になる、辺の長さが等しくなるので、

x+3=y-3

という等式が立てられます。

これをxについて解くと、

x= y-6

と表せます。

x= y-6を問題のy-xに代入すると、

y-(y-6)=6

になって、答えは6になります。

ちなみに、yについて解いた場合でも、

y=x+6

(x+6)-x=6

になって、同じく6が答えになります。

Post A Comment

回答

何をする問題なのでしょうか?

とりあえず
――――――――――――――――

縦:x→x+3

横:y→y-3

正方形は辺の長さが等しいので

 x+3=y-3

――――――――――――――――――――
この後、何をするかによって、

いろいろな式変形等があります

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】