公開日時
更新日時

教えてください。

1

74

3

このノートについて

(๑¯ω¯๑)

(๑¯ω¯๑)

コメント

ゲスト

これが難しくてワケわかんない!
というのであればこういう考え方はどうでしょう

最大公約数 4 最小公倍数48 の場合

最大公約数が4、つまり
求める数字は4以上-①
最小公倍数が48、つまり
求める数字は48以下

しかも公倍数なので、求める2つの数字は
48の約数です
その中で①も満たすものは
4.6.8.12.16.24.48
ここから最大公約数が4になる組み合わせを見つける。

4が公約数なので4で割れない6は消える

この中の最大の数48は最小の数4とのみ組める
(これらの数は48の約数なので48と組んだ数自体が最大公約数になるため)

すると残るのは 8.12.16.24の4つ
これらの数字はお互い
同じ数の倍数であってはいけないので
(倍数関係にあると最大公約数が4を超える為)
8-12 12-16 16-24の組み合わせしかありません
このうち問の条件を満たすものが12-16の組み合わせしかないので

答えは
4-48と12-16の2つ

これなら難しい文字は必要ありません
時間はかかりますがそんなに大変でもないので
やってみてください(^^)

ゲスト

同様に下の問題も
24の約数
1.2.3.4.6.8.12.24と書き
まずは最大と最小の1-24
そして
最大公約数が1であることから
2であってはいけないので
偶数の組み合わせは全て省くと
互いに1以外の約数を持たない3-8
が答えであることがわかります。

6と108は数がやや大きいですが
108の約数もそれほど多くはないので
まずは最小と最大の6-108
そしてもう1つは
9.12.18.27.36.54の中から
6の倍数でないものを省いて
12.18.36.54
互いが倍数関係にない12-54 12-18 36-54を選び
最大公約数が6で最小公倍数が108のものを考えれば12-54であることがわかります

よって
(1) 1-24 3-8
(2) 6-108 12-54 です

(๑¯ω¯๑)
著者

分かりやすい解説ありがとうございます!!!

このノートを友達に教えよう!