生物の苦手意識に免疫力をつけるノート3選

こんにちは!Clearインターンのりょうすけです。

生物の勉強は大変ではないですか?

何から始めたらいいのかわからない。

暗記すべき箇所が多すぎて覚えられない。

ミトコンドリアになりたい。

と悩んではいませんか?

生物を勉強する際に暗記は避けることができません

もちろん、参考書や教科書を全部覚えられる映像記憶の持ち主なら話は別ですが。

生憎ですが、私みたいな凡人にはありません。

暗記に裏技なんてありません。コツコツと勉強するしかありませんが、要点を知れば効率的に暗記ができます。

生物の勉強方法はインプット(Input)アウトプット(Output)の繰り返しです。

アウトプットはインプットが基となるため、どれだけしっかり理解し記憶をするかが大切です。

多くの情報を覚える必要があるからと無理矢理覚えようとすることはオススメできません。

最終的には多くの知識を身に着けることとなりますが、まずは基礎をしっかりと覚えて土台を整えることが大切です。

整理しながら覚えることに気をつけましょう。

例えば、

部屋をぐちゃぐちゃに片付けると、必要な物をどこに置いたか覚えていません。

このようなことは勉強にも言えます。

もし整理せずに覚えたときに、他の情報との関連性が整理されていないためアウトプットができません。

この状態を回避するために整理されたノートを使うことを勧めます!

今回は生物の基礎をまとめたClearノートを3選紹介!!!

どのノートも生物の基礎を理解し覚えるための工夫がされています。

【ノートのポイント】

生物の多様性と共通性、遺伝情報とDNAや植生とその遷移のみならず、全ての内容に図や表を用いています。

気候とバイオームの分布や生態系とその保全などの内容では色やコメントで重要な箇所をまとめています。

体液と体内環境や免疫などは矢印などを用いて関連性が明確になっています。

しっかりと頭を整理しながら覚えることを意識しましょう。

Helloverさんの【生物基礎テ対】ノート

  • 各内容が分かれているため、自分が必要な内容だけを見ることが可能
  • オレンジ色で暗記すべき重要箇所が書かれている。
  • コメントで補足説明がされている。

たら仔さんの生物基礎ノート

  • ページごとの内容がしっかりと明記されているため学んでいる内容がわかりやすい。
  • 表と図がとても綺麗に書かれているため関連性がしっかりとしている。
  • 色が重要箇所に使われているため読みやすい。

みりんପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓさんの【受験】*生物基礎*全範囲ノート

  • 表や図に加えてイラストがあるためより分かりやすい。
  • 色を重要箇所に使うと同時に簡潔にまとめられている。
  • 練習問題があるため確認しながら進むことができる。

まとめ

自分にあったノートは見つかりましたか?

生物はアウトプットよりもインプットが大変な科目です。

膨大な情報を記憶するために、整理されたノートを使って頭の中を整理しましょう。